切断技術

多様な難切断材料の切断が可能

シャープペンの芯(硬くてもろいもの)やサインペンのペン先(インクを浸み込ませる綿芯-柔らかくて切りづらい)など非常に幅広い材料の切断を手掛けてきました。この技術は樹脂レンズゲートカット装置など、高精度な切断装置に応用され多分野に展開しています。

応用分野

  • 綿芯 (材質:紙、切断方式:丸カッター)
  • フープ材で供給された端子部品 (材質:鉄、切断方式:プレス切断)
  • 樹脂ゲートカット (材質:エンプラ、切断方式:サーボ駆動の刃)
  • シリコンレンズゲートカット (材質:シリコン、切断方式:サーボ駆動の刃)
  • アルミフィルム (材質:アルミ、カッターによる押切り)など
サインペン、ペン先、サインペン ペン先(綿芯)切断装置、切断部

高度な切断技術

樹脂レンズのゲートカットは、カットによる残留応力による製品の歪みや、カット速度や刃温度等による破断等正常に切断することが難しい工程です。
本装置はサーボモーター、ヒートカット、刃物の独自技術を組み合わせ、高速切断、高品質、高い繰返し精度を実現します。
●対応樹脂レンズ:Φ3~Φ10、材質:シリコン

数多くの切断方式

  • 自社製作のカッターによる押切りや、丸カッターによる高速回転切断
  • プレス型によるフープ材のキャリアの切断、各種プレス機(9,000N~50kN程度)を用いた切断
  • 各種ゲートカットの為の市販のエアニッパーによる切断、ヒートカットやカットの動きをサーボにより制御する特殊切断

切断実績のある材料

シャープペンの芯(カーボン)
綿芯(紙)
端子部品(鉄)
樹脂ゲート(エンプラ)
シリコンレンズ(シリコン)
アルミフィルム(アルミ)など

シャープペン替え芯切断機装置

ぺんてるの工場見学―ぺんてるの様々な独自技術はここで生まれます。

ぺんてる株式会社 機設部営業課
(平日:8:00〜17:00)
TEL:048-928-7917(直通)