1ご要望

容器や部品の形状、用途などお客様のご要望をお聞かせください。

2お打ち合わせ

製品設計はもちろん、金型、治具、自動組立機、充填機などの生産設備に対するご要望にも対応します。

3仕様決定

製品サイズ、性能、機能、材料、使用環境など詳細仕様を確定します。

4製品設計

製品設計技術者がご要望の構想を3次元CADで設計し、図面化・テクニカルイラストレーション等でご提案します。

5設計承認

3次元データをもとに、光造形モデル、切削などによるモックアップモデルを製作し、実際の形状をご確認いただきます。

6試作金型

承認された図面をもとに試作金型を製作します。

7試作評価・工程設計

試作サンプルで性能、機能の確認を実施し、製品の生産数量や品質レベルを決定します。

8量産金型

試作評価承認後、決定した生産数量から金型の取数の仕様を決定します。

9生産テスト・評価

製品の検査規格書、限度見本などを決定し、包装梱包仕様、納入仕様を決定します。

10本生産

クリーンルーム環境で成形、組立を実施し、納品します。
組立環境:クラス10,000~100,000