信頼と実績の微細部品組立の自動化技術

シャープペンシルやボールペンのペン先などに代表される微細部品の組立の自動化で豊富な実績を誇っています。
これら独自の組立自動化技術、ロボット技術をベースに、お客様のニーズに最適な微細部品組立機を提供しています。

シャープペンシルの戻り止めゴム

用途

シャープペンシルの戻り止めゴム組付け 、シャープペンシルチャック組立、ボールペンチップ、携帯用バイブレーターモーター整流子、携帯電話のマイク、注射針など

微細部品の組立実績

φ1.2mmのコイルスプリングやφ0.3mmの針、厚さ0.15mmの極薄部品、1~2mm程度のプレス部品の組立など、数多くの微細部品組立に実績があります。

修正液前軸組立

修正液先端樹脂キャップにチップ・芯体・スプリングを挿入・圧入する工程

機械能力:
60個/分
組立方式:
挿入~圧入

ボールペンチップ組付け

ボールペンチップ内にスプリングを挿入し、チップ後端のカシメを行う工程

機械能力:
60個/分
組立方式:
挿入~カシメ

ぺんてるの工場見学
ぺんてるのさまざまな独自技術は
ここで生まれます。

関連製品