多様な難切断材料の切断に対応

ぺんてるでは、シャープペンの芯(硬くて脆い)やサインペンのペン先(インクを浸み込ませる綿芯-柔らかくて切りづらい)など非常に幅広い材料の切断を
手掛けてきました。このような切断技術を樹脂レンズゲートカット装置など、高精度な切断装置に応用し、多分野に展開しています。

サインペン ペン先(綿芯)
切断装置

サインペン ペン先

用途

綿芯(材質:紙、切断方式:丸カッター)、フープ材で供給された端子部品(材質:鉄、切断方式:プレス切断)、
樹脂ゲートカット(材質:エンプラ、切断方式:サーボ駆動の刃)、シリコンレンズゲートカット(材質:シリコン、切断方式:サーボ駆動の刃)、
アルミフィルム(材質:アルミ、カッターによる押切り)など

高度な切断技術

樹脂レンズのゲートカットは、カットによる残留応力による製品の歪みや、カット速度や刃温度などによる破断などが生じやすく、正常な切断が困難な工程です。本装置はサーボモーター、ヒートカット、刃物の独自技術を組み合わせ、高速切断・高品質・高い繰返し精度を実現します。

対応樹脂レンズ:Φ3~Φ10、材質:シリコン

数多くの切断方式

  • 自社製作のカッターによる押切り
  • 丸カッターによる高速回転切断
  • プレス型によるフープ材のキャリアの切断
  • 各種プレス機(9,000N~50kN程度)を用いた切断
  • 各種ゲートカットのための市販のエアニッパーによる切断
  • ヒートカットやカットの動きをサーボにより制御する特殊切断

切断実績のある材料

  • シャープペンの芯(カーボン)
  • 綿芯(紙)
  • 端子部品(鉄)
  • 樹脂ゲート(エンプラ)
  • シリコンレンズ(シリコン)
  • アルミフィルム(アルミ)

替え芯「Ain STEIN」

応用製品:樹脂レンズゲートカット装置

ぺんてるの切断技術を応用した樹脂レンズゲートカット装置。樹脂レンズを成形機から取出し、ゲートカット、トレイへのパレタイジング、ランナー排出までの全工程を自動化しています。

用途

樹脂レンズ、各種成形品など

多機能ゲートカット装置

産業用ロボットメーカーとしての技術を駆使し、成形品の取出し、クーリング部への移載、成形品のゲートカットユニットへの移載、レンズの取出し、パレタイズとロボット1台でさまざまな機能を代行し、かつ40秒/1サイクルの高速サイクル(Max.30秒/サイクル)を実現しています。

ゲートカットユニット

上下個別の刃の制御にサーボモーターを採用。刃移動速度や位置の微妙な調整が可能です。また、刃面はマイクロメーターで調整し、0~200℃まで温度調整が行えるため、カット位置の微妙な調整や、難切断材料・形状のものを切断する機能を搭載しています。

基本仕様

サイクル時間 40sec/1サイクル(8個取金型の場合)MAX 30sec/1サイクル
成形品取出し部 6軸垂直多間節型ロボット(各社成形機に対応します)
クーリング部 6ステーション/約4分(標準)
ゲートカット部
  • 刃の駆動:サーボモーター
  • レンズ保持ユニット駆動:サーボモーター
  • 成形品回転駆動:サーボモーター
  • 刃部の加熱:200℃までに設定可能
  • 対応樹脂レンズ:Φ3~Φ10、材質:シリコン
成形品収納部 ダイレクトドライブ反転テーブル方式(標準タイプ)(キャビティ毎にトレイへ整列)
電源 AC200V±10%
空圧源 0.49MPa 以上

ぺんてるの工場見学
ぺんてるのさまざまな独自技術は
ここで生まれます。

関連製品