「描くこと、書くこと」へのこだわりから生まれた技術

ぺんてるは、創業以来「描くこと、書くこと」、「先端の技術」にこだわりを持ち続け、ペン先・穂先の加工技術、液体制御など、高度でユニークな独自技術を生み出してきました。

ペン先の技術

サインペンやマーカーのペン先には繊維結束体に連続気孔を持つ吸蔵体を配合加工する技術が隠されています。
ボールペンのペン先には、インクの吐出、滑らかな書き味、耐久性といった特性を同時に実現する精密加工技術が集結しています。

穂先の技術

ぺんてるを代表する製品のひとつに、筆ペンがあります。筆ペン製造の経験やノウハウを活用し、多種のナイロン繊維をテーパー加工し混毛させる技術を生みだしました。液体を保持し、粉体の量を最適に調整する技術は、化粧筆、画筆、パウダーブラシなど、さまざまな筆製品に応用されています。

液体制御の技術

毛細管現象や繰出し機構により、必要に応じて定量吐出する技術です。使用状態を保った長期保存技術なども保有しています。


応用製品

応用技術

文具づくりの技術