軸もの・長もの成形、小ものなどの精密成形に豊富な実績

筆記具の本体には、手のサイズに合わせた軸もの・長もの成形品が多く使用され、まっすぐで均一な肉厚に成形することが必須です。また、内容液の流路や芯の繰り出し機構部は小さく細かいものが多く、しかも寸法精度が高いことが求められます。
これら実績のあるプラスチック精密形成技術を活用し、高精度、高品質なプラスチック容器・部品を提供しています。

用途

化粧品容器、医療用容器・部品、食品容器

軸もの・長もの成形

筆記具に用いる容器は、まっすぐ円柱状のものが多く、内溶液を密閉したり、吐出機構を内蔵して動作を確実に行えるようにしたり、しっかりと固定するための嵌合強度が求められています。ぺんてるでは、高度な設計・生産技術やノウハウを活用し、軸もの・長もの成形の最適化を実現しています。

ボールペン軸

ペン型化粧容器軸

小もの成形

筆記具に使われる部品には、1/100mm単位での精度が求められます。例えば、ボールペンの芯を出し入れするカム機構には、極めて高いレベルの耐久性が要求され、シャープ芯の繰り出しには、一定長さを繰り出し支えるためのチャック部品の設計・生産技術、成形技術が用いられています。

表面光沢成形

透明で光沢度の高い成形品を得るためには、外観も内面も非常に平滑な金型加工が要求されます。また、樹脂の特性に合わせて調整する成形技術、メンテナンスが必要です。

応用技術:表面改質処理技術

文具で培った表面改質(撥水性・親水性を制御する技術)を用いています。

親水化技術を用いたプラスチック樹脂スキマ
プレートに着色水溶液を滴下

関連製品